朝活を継続するためにやっていること ~ 朝の有意義なひと時を過ごすために。

朝型(朝活)人間です。

このブログ、朝4時に起きて書いてます。

淹れたてのコーヒーと甘いお菓子が、ボーっとした頭を目覚めさせてくれます。

今日のお菓子は、OREO(オレオ)です。

早朝の静寂の中で、ひとり、コーヒーを飲みながら、作業をする、、、朝活に慣れると、この有意義なひと時をとても幸せに感じます。

スポンサーリンク

↓3日連続のイラストです、、、下手ですが、今、パソコンで描くイラストに、はまってます。

コーヒーとオレオ

優れもののカップとオレオ
コーヒーカップらしくないですが、実はこのカップ二重構造なのです。
ですから、冬はコーヒー等冷めにくく、手に持った時も、熱くありませんし、夏は冷たいものを入れても結露しませんので、コースターが必要ありません。

朝型(朝活)に変更した理由

私の場合、

① 仕事の関係で勉強しなければならない

② 趣味のギターの練習をしたい、イラストを描きたい

等、やらなければならないこと、やりたいことがあるにもかかわらず、

① 飲酒の機会が多く、夜間の勉強、趣味は定着しない

② 飲酒の機会が多いのに、晩酌も欠かさない

③ 職場から帰宅後は疲れて抜け殻のようになっている

④ 夕食をとり、風呂に入ったらすぐに眠くなる

等の障壁・障害(?)が私の前に立ちはだかっていました。

こうしたことから、帰宅後に、趣味や勉強などの作業を習慣化(定着化)することは無理と判断し、朝型(朝活)にシフトしたわけです。

ランニングも朝やってます。

ただ、朝活を継続するためには、自分に合った工夫が必要だと思います。

今日は、私がやっている「朝活を定着させるための工夫」をご紹介します。

猫 寝る

布団から抜け出すために

夜型から朝型に変えて、最も苦労したのは、布団から抜け出すという作業です。

目覚めてはいるのに、なかなか布団から抜け出せません。

もう少し、あと5分という気持ちが起こります、、、この繰り返しで、1時間なんてあっという間に過ぎていきます。

特に、冬は最悪です、、、眠気と寒さとの闘いになります。

私が実践しているのは、寝る前に起きてからの作業を決めておくことです。

例えば、今は、ブログを書くのが楽しいので、寝る前に、

① イラストを描いて、それをブログに載せる

② ブログの題材は、「〇△×、、、、、」

等と決めて、布団に入っています。

寝る前に、自分に言い聞かせて寝ています。

また、冬は、枕元に、靴下と防寒用のジャンパーを準備しておいて、すぐに着用するようにしています、、、布団の中で靴下をはく、靴下をはいて寝る、、、というのもイイかもしれません。

ただ、起きてすることが面倒なことなどであれば、布団から抜け出せないかもしれませんので、起きてやることは、何か楽しいこと、私は、ギターが趣味ですので、ギターの練習を組み合わせたりして、起きています。

スポンサーリンク

ギター
photo credit: nailbender via photopin cc

私の場合、一旦、朝型が定着してしまった後は、自然と、夜早く寝る習慣も定着しました。
というか、朝早くから起きているわけですから、帰宅後、夕食を食べれば、眠くなるのも当然かもしれません。

布団から出た後にすること

布団から出た後、すぐに机にはつきません。

ボーットした頭では、何も手につかず、無駄な時間になってしまうからです。

私は、布団から出たら、

まず、お湯を沸かす、コーヒーカップを温める、コーヒーを淹れる

という作業をして、目を覚ますようにしています。

コーヒーメーカーでコーヒーを淹れるのもいいかもしれませんが、お湯を沸かしたり、注いだりという作業の中で、段々と目が覚めていくので、自分自身で淹れるのがおすすめです。

最近では、すぐにお湯が沸く、湯沸かし器も沢山ありますので、時間のロスにはならないと思います。

私は、T-Falの湯沸かし器を使っています。すぐに沸くのでたいへん重宝しています。

わずか15分の昼寝が効果絶大

職場では、食事後の昼休みに、椅子に座った状態で、15分ほど昼寝をしています。

わずか15分ですが、頭がすっきりします。

15分間の昼寝は、おすすめします。

昼寝

いろいろ工夫しながら、朝活にチャレンジするのも、楽しいかもしれません。

読んでいただいて、ありがとうございます。

Pocket

スポンサーリンク