105歳のランナーから受けた影響、、、目標は「1日でも長く走り続けること」

※トップの画像(▲)は、iPad proのアプリ(Procreate)で描いたイメージです。Freeの写真素材と合成しています。

毎朝、朝活をして、その締めくくりにランニングを行なっています。

目的は、体力の維持、健康管理

年を重ねても、健康で走り続けられるようトレーニングをしています。

105歳のランナー

少し前の話になりますが、

マスターズ陸上で100歳を超えた男性が100mを完走し、ギネスに登録された

というニュース(話題)をテレビで見ました。

そのときは、

えっ!100歳で100m走れる!?

100歳だったら歩けるだけでもすごいのに

いや、100歳生きるだけでも凄い!

これは、生まれ持った素質!

やはり世の中には凄い人がいるもんだ

みたいな反応でさらっと終わっていたんですが、、、

最近、ランニングや健康のことを考える中で、ふと、そのニュースのことを思い出し、、、詳細をネットで調べてみました。

これ(▼)が、そのときのニュースの抜粋です。

 
【出展】2015年9月23日配信の産経新聞
9月23日、105歳の現役ランナー、宮崎秀吉(ひできち)さんが、京都市内で開かれた記録会で、マスターズ陸上競技の100メートル走(105~109歳)に出場し、42秒22で完走して「世界最高齢スプリンター」としてギネス世界記録に認定された。
明治43年生まれの宮崎さんは、もともとはスポーツとは無縁。だが、囲碁や俳句仲間が次々と他界していく中で「1人でも打ち込めることをしよう」と、陸上を始めたのは92歳になってからだった。
〜一部抜粋〜 
  

記事には、

高齢者の競技人口は少なく、”100歳以上は “走りきれば優勝”とされている

ということも付言されていました。

・・やはり、高齢者で走れる人は少ない

・・自分の周囲のお年寄りを見ても、これは頷ける

で、105歳という年齢で100メートルを完走したというのも、もちろん驚きなんですが、、、

陸上を始めたのが92歳になってから、、、というのが、さらに驚きです。

多分、自分だったら、90歳過ぎてランニングを始めるなんて無理、、、

90歳になって歩けるのかも疑問です、、、

いや、90歳まで生きているかどうか、、、(TдT)

そもそも、身体のつくりが違う?

前掲の記事中に”高齢者の競技人口が少ない”とありましたが、、、

105歳ランナーの宮崎さんは、その少ない中で、さらに特別な存在

マネしようと思っても無理、、、

ただ、この105歳のランナーのことだけでなく、ランニングのことなどいろいろと考えているうちに

90歳(高齢)になって、ランニングを始めることはできなくても、、、

今から、毎日コツコツと走り続けていれば、健康である限り、70歳、80歳になっても走り続けられるはず、、、

今から地道にトレーニングを続け、走れる身体を作ればいいのでは、、、

との結論に

ところで、100m走ではないんですが、、、

先日開催(2018.2.18)された北九州マラソンのホームページに

第5回大会の開催を記念し、北九州市内在住の方で、「70歳から74歳」又は「75歳以上」のカテゴリにおいて優秀な成績を収められた方の中から、市民ランナーの目標となる方を「北九州市プラチナランナー」に選定しました

と掲載されていてました。

そして、そのプラチナランナーのコメントとして

◆マラソンは健康増進にも役立つランニングは「生きがい」

◆80歳過ぎでも走っている友人がいるので、そこまで続けられるよう頑張りたい

◆すべての挑戦は、こつこつと地道に継続する事が大切

などが記されていました。

皆さん70歳超とは思えない力強いコメントばかり、、、。

こうして、高齢のランナーの活躍を目にするたびに、、、

いくつになっても、元気で走り続けたい、、、と思う気持ちが強くなっていきました。

そのためには、やはり日々のトレーニングが重要

「継続は力!」です、、

のんびり走って、年1回のフルマラソン

ちなみに、最近のランニングの状況ですが、、、

走るのは早朝(5時半〜6時ころ)、、、

朝活をして、身体が十分目覚めた後の締めとして走っています。

距離は、4~5km程度、、、テンションが低かったりすると2~3km

休日は、少し距離を伸ばして10〜15kmくらい。

スピードは抑えて、ニコニコペースです。

雨や体調がすぐれない時には、潔く中止します(^^)/

体調が悪い時、テンションが低く走りたくない朝、、、そんなときも休んでいます。

朝の程よい疲れは、昼食後の短時間(15分程度)のお昼寝で補います、、、短時間ですが爆睡します、、、お昼寝最高!

以上のような、のんびりランニングを継続中です。

今日も走るぞ~!明日も走るぞ〜!みたいな覚悟はありません。

今日も走れたぞ〜!健康だ〜!みたいなゆるい感じで走っています

ランニングに限らず、長く続けて行くためには、無理は禁物ですね。

ランニングは、朝ご飯やお風呂と同じ、、、生活の一部と考えて取り組むようにしています。

で、年1回はフルマラソンにチャレンジ、、、これで、ランニングのモチベーションが更に上がります。

こんな練習でもフルマラソンは完走できます、、、タイムは狙いません、、、大会の雰囲気、沿道の雰囲気等が好きです。

現在の計画は、東京マラソン出場(当選すれば)、、、

そして、その次は、ホノルルマラソン、、、

少しずつ、トレーニングを重ねて、年1回はフルマラソンを走る計画です。

「1日でも長く走り続ける」ことを目標に、こんな楽しい計画を立てています。

隙間時間でプチトレーニング

ランニングは全身運動なので、走る以外に筋トレも毎日少しずつやっています。

ただ、仕事、家のこと、他の趣味、、、等、やるべきこと、やりたいことが沢山ありますので、、、筋トレに費やす時間は限られてしまう。

そこで、筋トレは、隙間時間でも行える軽いメニューをこなしています。

例えば、

電車を待っている間に爪先立ち

昼休みにスクワット

デスクのヘリを掴んでの腕立て伏せ

などの隙間時間でできる簡単なメニューです。

爪先立ちは、第2の心臓と呼ばれる”ふくらはぎ”を鍛えることができます。

スポンサーリンク

スクワットは、全身や体幹の深部に及ぶまで良い効果が認められています。

簡単ですが、いずれも大変効果的な筋トレです。

シューズは大事

高齢者に限らず、若い人でも膝痛で苦しんでいる人を多く見かけます。

原因は様々のようですが、膝痛があるとランニングのみならず、日常生活を送るうえでも大変です。

私も、長時間、ランニングを続けると、結構膝にくる方です。

そこで、ランニングシューズは、スポーツ店のアドバイザーに選んでいただいたものを履いています。

現在は、アシックスのGT200 NEW YORK 4(▼)というシューズを愛用、、、
毎日使っていますので少し汚れています、、、ご容赦ください(~_~;)

初心者から中級者まで使用できるというモデル、、、着地の際に足に伝わる衝撃が少ないということで薦められました、、、軽くてクッション性抜群です。

ケガを減らすためには、フォーム改善などによる対策が望ましいですが、正しいフォームは一朝一夕で身につくものではありません。

ランニングを長く続けていくためには、やはりシューズは大事!

とても履き心地が良く、着地したときにも、しっかりショックを吸収してくれますので、膝に優しいシューズです。

おわりに

105歳のランナーやマラソン大会に出場する高齢のランナーの記事などを目にするたびに、、、

自分もいつまでも元気で走り続けたいと思うようになりました。

「105歳まで走ること」を目標にはできませんが、、、

1日でも長く走ること」を自分自身の新たな目標にしました。

そのためにも、コツコツとトレーニングを続けていこうと誓った次第です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
#related-entries { display: none; }