【Wordの使い方】ホームポジションに手を置いたまま画面のカーソルを操作できる設定の仕方(キーの割当方法)【図解★仕事効率化】

Wordで文書を作成中、カーソルを移動させるために、

一回一回手を「矢印キー」に移動させるのは面倒、時間のロス、作業中断がストレス、、、

等と思われている方も多いと思います。

Wordは、ひと手間加えるだけ(簡単な操作)で、矢印キー(カーソルを上下左右に移動させるためのキー)を他のキーに割り当てることができます。

この設定により、

・ホームポジションから手を移動することなく

・画面から目を離すことなく

矢印キーを操作できるようになるので、仕事が捗ります。

今回は、その方法について解説します。

スポンサーリンク

1 割り当てるキー

今回は、なるべく手を移動させないですむようなキーの割り当てを行います。

使用するのは、「Ctrl」キー「I」「K」「J」「L」の4つのキーの組み合わせです。

イメージは、こんな(▼)感じです。

この組み合わせ(青色の線)で、右下隅の矢印キーの代用となるよう設定します。

例えば、「Ctrlキー」を押しながら「I」キーを押すことでカーソルの上移動ができるようにします。

割り当て方は、次のとおりです。

■カーソルの上移動(↑)~ CTRL + I

■カーソルの下移動(↓)~ CTRL + K

■カーソルの左移動(←)~ CTRL + J

■カーソルの上移動(→)~ CTRL + L

この設定だと、指の位置関係から直感的に押せると思います。

この設定の仕方を以下で説明します。

2 割り当てる操作

01 まず、Wordを立ち上げます。

  Wordの画面で、「Alt」キーを押しながら「F」キーを押します。

02 左の方にある「オプション」をクリックします。

03 「リボンのユーザー設定」をクリックします。

04 ショートカットキー「ユーザー設定」をクリックします。

★★★★★・・・・・・

上下左右4つのキーを割り当てるわけですが、やり方は同じなので、ココからは、

カーソルの上移動(▲)に「CTRL + I」 を割り当てる設定

の仕方を見本として説明します。

★★★★★・・・・・

05 コマンド指定の項の

分類(C)」ボックスの「全てのコマンド」を選択

コマンド(O)」ボックスの「LineUp」を選択

します・・・コマンドは、アルファベット順に並んでいますのでスクロールすればすぐに見つかります。

スポンサーリンク

※現在のキーは「Up」になっています。

06 キーストロークの指定

割り当てるキーを押してください(N)

の欄にカーソルを合わせ、キーボードで

「Ctrl」キーを押しながら「I」を押す

と「Ctrl+I」が入力されます。

続けて、

「割り当て(A)」

をクリックします。

07 キーストロークの指定の「現在のキー(U)」ボックスに「Ctrl+I」が表示されました。

これで、「Ctrlキー」を押しながら「Iキー」を押すことでカーソルの上移動ができるようになりました。

09 カーソルの下、左、右への移動についてもやり方は同じです。

■カーソルの下移動

コマンド指定の項の

分類(C)」ボックスの「全てのコマンド」を選択

コマンド(O)」ボックスの「LineDown」を選択

■カーソルの左移動

コマンド指定の項の

分類(C)」ボックスの「全てのコマンド」を選択

コマンド(O)」ボックスの「CharLeft」を選択

■カーソルの右移動

コマンド指定の項の

分類(C)」ボックスの「全てのコマンド」を選択

コマンド(O)」ボックスの「CharRight」を選択

 
3 参考~Ctrlキーの押し方

「Ctrl」キーを押す際は、多分、小指を使うことになりますが、押す際、指を伸ばしたままだとだとかなり窮屈です。

私は、小指を折り曲げて、関節の部分でCTRLキーを押すようにしています。

そうするとかなり楽に押すことができます。

練習すればすぐに慣れます!

▼こんな感じです、、、これはMacBookですが、、

4 おわりに

その昔、PC用日本語ワープロソフト「一太郎」というのを使っていました。

非常に優れたソフトで、罫線を引く、表を作成する。、書式を設定する、、、等の操作が簡単に行えました。

現在、販売されているようですが使っている人を見たことがありません、、、iPhone除くく、、、

日本語に特化しているソフトのため、レイアウトも崩れることなく、文章も綺麗にできあがるソフトでした、、、Wordはレイアウトに苦労しました。

こうしたことから、WindowsPCにWordが標準でインストールされていても、一太郎を使い続けていましたが、世の中にパソコンが普及するにつれ、文書のやり取りで互換性のない一太郎は、いつの間にか使えないソフトに、、、

で、現在は、Wordを駆使して仕事をしているわけですが、文書作成ソフトを一太郎からWordに移行して真っ先に行ったことが、今回記事にしたこの矢印キーの割付でした。

一太郎時代に最も便利な機能だと思っていましたので、、、

ただ、Wordでのこのやり方をなかなか見つけられず、苦労した思いがあったので、今回、図入りで解説させていただきました。

知っている方もいらっしゃると思いますが、知らない方のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
#related-entries { display: none; }